次数制約を加えた共起語グラフに基づくキーワード間ナビゲーション Inter Keyword Navigation based on Degree-constrained Co-Occurrence Graph

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 島田 諭 SHIMADA SATOSHI
    • 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 Graduate School of Library, Information and Media Studies, University of Tsukuba
    • 佐藤 哲司 SATOH TETSUJI
    • 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 Graduate School of Library, Information and Media Studies, University of Tsukuba

抄録

本研究では,文書空間から抽出した共起語から有向グラフを生成し,ユーザを文書空間内の関連文書に導くナビゲーション手法を提案している.提案手法では,ノードの最大出次数に制約を与え,反復度が低い語から高い語へのリンクを優先的に生成する.しかし,これらのパラメータの閾値と生成されるネットワークの特性との関連は明らかではなかった.本稿では,新聞記事を用いた実験により,最大出次数とネットワーク特性の相関を明らかにするとともに,Bow-tie 構造における SCC (強連結成分) に着目し,生成されるグラフのナビゲーションにおける有用性を考察する.We had proposed a navigation method that generates directed graph based on co-occurrence words, and leads users to the related document in the document space. In the method, because of to reduce user's load, maximum outdegree of nodes is constrained. However, the correlation of the threshold and the characteristic of generated graph was not clear. In this paper, we describe the experiment that to clarify this correlation using the newspaper article. And we discuss about utility of the generated graph by considering SCC (Strong Connected Components) in the Bow-tie structure.

収録刊行物

  • 研究報告データベースシステム(DBS)

    研究報告データベースシステム(DBS) 2009-DBS-149(21), 1-8, 2009-11-13

    情報処理学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008003655
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10112482
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    024774655
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ