時系列の逐次処理によって対称性(刺激等価性)の学習を行うニューラルネットワークモデル Neural Network Model for Sequential Learning of Time-series can Learn the Stimulus Equivalence

この論文をさがす

著者

抄録

「ある刺激(A)と対応する別の刺激(B)を選択する」という行動を強化する訓練によって刺激間の関係を学習した場合,人間はBの提示によってAを選択する.これを対称性の成立という.この,学習時の時間軸を逆転する学習をほとんどの動物は行うことが出来ない.本研究では,時系列学習と概念獲得を組み合わせたニューラルネットワークモデルを構築し,時系列学習のみでは行うことのできない対称性の学習が,概念の獲得が行えるように拡張することで可能になることを示した.この結果は,対称性が,概念の獲得を行うための情報処理の結果行われているということを示唆している.

If human being is trained to choose the stimulus (B) corresponding to other one (A), he or she can choose A for the presentation of B. This is called the Symmetry relation. Most animals can not do this temporally reversed learning. In this study, the neural network model was constructed by combining learning temporal sequence and acquiring concept. It was shown that the acquiring concept enabled the symmetry learning, which was not arisen by only learning temporal sequence. This result suggested the information processing to acquire concept caused the symmetry learning.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 109(461), 473-478, 2010-03-02

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008004346
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10649997
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ