範囲をキーとして保持可能とする Skip Graph 拡張の提案 A Proposal of Range-key Extension of Skip Graph

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

範囲探索に対応した構造化オーバレイネットワークである Skip Graph では,キーが単一の値であることを前提としているため,範囲対範囲による探索が行えない.本研究では,Skip Graph を拡張することで,範囲をキーとして保持可能とし,範囲対範囲探索を実現可能とする Range-Key Skip Graph を提案する.また,提案手法を実装し,JGN2Plus により提供された PlanetLab 環境上において評価を行った.Skip Graph, a structured overlay network supports range retrievals, cannot support range-to-range retrievals since a key corresponds to only one value. To solve this issue, I propose a Range-Key Skip Graph to support range-to-range retrievals by extending Skip Graph and adding range-key in this paper. Finally, I implemented this proposal method and evaluates on a private Planet Lab of JGN2plus.

収録刊行物

  • 研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS)

    研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS) 2009-DPS-139(1), 1-7, 2009-06-11

    情報処理学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008004531
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10116224
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    024773299
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ