遅延状況を考慮した構造型 P2P オーバレイネットワーク構築法 A configuration method for structured P2P overlay network considering delay variations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

P2P サービスはネットワーク上のノードにコンテンツやリソースを分散配置しているため,高いスケーラビリティを達成している.これらのリソースを利用する際は,ネットワーク上でのリソース位置を検索する必要がある.一般にこのようなサービスの検索では分散ハッシュテーブルがよく用いられる手法であるが,限られた範囲を指定した検索など,検索目的によっては効率が悪くなることが知られている.そこで本稿では,範囲検索を実現するために,各ノードの地理情報をもとに各ノード間の遅延変動を考慮した構造型 P2P オーバレイネットワークを構築するプロトコルの提案を行う.提案手法では,ばねの原理を用いて遅延変動を考慮した座標設定を行ない,座標を空間充填曲線にマッピングすることで効率的な P2P ネットワークの検索を実現している.P2P networks can achieve high scalability since they distribute service contents/resources to multiple nodes in the network. In a P2P network, it is necessary to search the resource location on the network when we use some contents/resources. Generally, each part of contents is labeled and dispersed in the network, and it is managed by a distributed hash table (DHT). But search efficiency becomes worse in the limited region search of such service. In this paper, we propose a new configuration method for structured P2P overlay network. In the proposed method, we set each coordinate considering delay variation and achieve the efficient search of P2P network by mapping a coordinate onto space filling curve.

収録刊行物

  • 研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS)

    研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS) 2009-DPS-139(3), 1-6, 2009-06-11

    情報処理学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008004533
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10116224
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    024773341
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ