「AをBに」構文の統語構造--「して」省略のメカニズム  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

論文本稿では、「タバコを手に町を歩いた」のような「AをBに」の付帯状況を表す修飾節(本稿では「AをBに」構文と呼ぶ。)について、先行研究(cf.村木(1983)、寺村(1983)、桑平(2007)など)を中心に構文の特徴についての議論をまとめ、この構文の基底構造として「AをBにして」のテ形節を認め、それから「して」を省略して「AをBに」構文が派生する統語メカニズムを理論的に考察した。具体的には、「AをBに」構文が派生するのは、テ形節が表す出来事が主節の出来事と継起関係がない時とする桑平(2007)の分析をふま

Journal

  • Scientific approaches to language

    Scientific approaches to language (9), 109-132, 2010-03

    Kanda University of International Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008005817
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11646516
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13473026
  • NDL Article ID
    10791496
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-G644
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top