幼稚園実習におけるリアリティ・ショックと保育に関する認識の変容 Students' Cognition Change on Early Childhood Care and Education through Reality Shock in their Student Teaching at Kindergarten

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,幼稚園実習におけるリアリティ・ショックとリアリティ・ショックにともなう学生の保育に関する認識の変容プロセスを9名の学生へのインタビューにより明らかにすることである。分析の結果,リアリティ・ショックをともなう問題状況における学生の認識の変容には,【子ども理解の発展】というプロセスを経るものと,【ショックからの回避】というプロセスを経るものの2つが見出された。これらの対照的な2つのプロセスにおいて,学生がどちらのプロセスをたどるかは実習先の保育者との出会いの在り方に規定されており,その在り方が実習内容の質に大きな影響を与えることが示された。

The purpose of this study is to examine the reality shock that students experienced in their student teaching at kindergarten, and to explore their cognition change on early childhood care and education by interviewing nine students. The result of analysis shows two different types of changing process through their reality shock; 1) Students who built positive relationships with their cooperating teachers can focus on deepening their understanding of children, 2) Students who make negative relationships with the teachers focus on relieving their shock and thus lose motivation.

収録刊行物

  • 保育学研究

    保育学研究 48(2), 202-212, 2010

    一般社団法人 日本保育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008007347
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10378027
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-9808
  • NDL 記事登録ID
    10945320
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z41-42
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ