Web オントロジー記述言語OWLとその記述能力  [in Japanese] OWL Web Ontology Description Language : Summary and Expressive Power  [in Japanese]

Search this Article

Abstract

セマンティックWebのバックボーンとして位置づけられるオントロジーは,知識べース構築のプリミティブとしての意義を継承しつつも,Webの特徴である拡張性や分散性に対応するための新しい特徴を併せ持つ.本稿では,オントロジー記述言語OWLの特徴を要約すると共に,ソフトウェア工学の新しい潮流であるWebサービスを高度化する視点からOWLの記述能力についても言及する.Ontology has been used as a primitive of knowledge base construction, and now it is the backbone of the Semantic Web. It incorporates extensibility and distributed manageability that are main features of the Web. In this paper, we summarize the features of ontology description language OWL. Then we present a brief overview of its expressive power in a context of extending Web service technology.

Journal

  • コンピュータソフトウェア

    コンピュータソフトウェア 22(4), 12-18, 2005-10-26

    日本ソフトウェア科学会

References:  17

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008016680
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10075819
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    02896540
  • NDL Article ID
    7832099
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1033
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top