2B3-H3 科学系博物館における科学リテラシー涵養を目指した学習プログラム事例(1) : 「大きな水の話」(科学リテラシーの涵養に資する科学系博物館の学習プログラムの開発と体系化,自主企画課題研究,次世代の科学力を育てる-社会とのグラウンディングを求めて-)  [in Japanese] 2B3-H3 The Case Study of the Learning Program Fostering Science Literacy at Science Museum (1) "A Story of Water"  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ここでは,科学系博物館における科学リテラシーの涵養を目的として開発・実施された一連の学習プログラムから,「私たちの生活を支える技術」をテーマに,先進社会での生活に使われる物質の量に着目した中・高生対象の学習プログラム「大きな水の話」の実践について報告する。

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 34(0), 255-256, 2010

    Japan Society for Science Education

References:  2

  • <no title>

    小川和義

    科学リテラシーの涵養に資する科学系博物館の教育事業の開発・体系化と理論構築, 2009

    Cited by (1)

  • <no title>

    Seymour Paper

    Mindstorms Children, Computers, and Powerful Ideas, 1980

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008083434
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top