才能ある子どもの個性・能力を伸長する理科教員の養成プログラム開発(1) : 理科研究入賞児童生徒を指導する教員の思考・行動特性  [in Japanese] Developing Professional Standards for Science Teachers to Meet the Needs of Gifted Children  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,理科研究で入賞した児童生徒を指導している理科教員の特殊な能力・教授スタイル・興味・学習履歴等を明らかにし,個別な理科教員の優れた思考や行動特性を「教育力」としてモデル化することを目的とした。愛媛県児童生徒理科教育作品コンクールにおいて優秀な研究を発表した児童生徒の指導経験がある理科教員10名を対象にインタビュー調査を行った。調査結果より,①児童生徒の個性や能力,興味・関心の把握,②十分な情報収集・準備と適時な提供,③研究の方法やスキルの習得,④継続的な学びへの支援,⑤児童生徒独自の発想や努力に対する評価,⑥継続的な自己研鑽,⑦家庭や地域との密な連携の7つの特性が抽出された。

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 34, 355-356, 2010-09-10

    Japan Society for Science Education (JSSE)

References:  1

  • <no title>

    TABER K. Ed.

    Science Education for Gifted Learners, 2007

    Cited by (1)

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008083482
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top