2G4-H1 数学科教育法履修生が書いた数学I・Aの統計・課題学習の指導案分析(教育実践・科学授業開発(6),一般研究発表,次世代の科学力を育てる-社会とのグラウンディングを求めて-)  [in Japanese] 2G4-H1 Analysis of Student's Lesson Plans for New Content Areas in Mathematics I & A for High Schools  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

2012年度から高校で「数学I」が共通必修科目になり,新たに「データの分析」と「課題学習」が扱われる.従来の学習指導要領で学んできた学生は,これらの内容を学んだ経験が無くても,教壇に立てばそれを指導しなければならない.本稿では,数学科教育法履修者にこれらの内容に関する指導案を書かせた結果を分析し,これらの内容を指導する力を育成する上で,数学科教育法でどのような指導が必要なのかを考察する.

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 34(0), 431-432, 2010

    Japan Society for Science Education

References:  2

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008083520
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top