幼児のイメージ構築に関する研究 : イメージと言語の関係を中心として(1) The Study about the Creation of Imagery in Infancy. : The Relationship between Language and Imagery.

この論文にアクセスする

著者

抄録

子どもは,人間社会のなかで,外界の対象とのかかわりを通して,人間として成長していく。この時,外界の対象から得たイメージを記憶のなかのイメージと考え合わせ,推理し,再構成していくことにより,自己を発展させているのではないかと考えられる。本論文では,対象を7枚の絵に限定し,子どもが,それらを一つの物語になるように再構成し,さらに,その絵に即して言語表現するという方法を用いて,子どもが自己発展を遂げる仕組みを明らかにしようとした。そこで,(1)対象を限定し,(2)類をまとめ,(3)それらを関供づけて再構成し,(4)さらに推理していく,というような「場」を想定した。その結果,今回用いた絵で,物語を構成するという課題のもとでは,対象から得たイメージを「限定」し,「類」にまとめるのは,4歳頃から見られ,さらにそれらを「再構成」するのは5歳頃からであることが明らかになった。

Children become men in human Society. When they have interaction and develop themselves, children get image through their senses at first, then consider about this image with imagery (classify, limit, recreate and guess). This experiment was designed to explore this mental mechanism. Each Ss was shown seven pictures, and asked to order them as a story and tell his story according to these pictures. The result showed that Ss didn't pay attention to the relationship between picture's similarity in 4 to 5 years old, then Ss became to recreate seven pictures in 5 to 6 years old.

収録刊行物

  • 日本教科教育学会誌

    日本教科教育学会誌 9(3), 153-158, 1984

    日本教科教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008094005
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0288-0334
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ