中学校期の教科学習に関する年代別比較 (日本教科教育学第29回全国大会(筑波大会)) -- (課題研究1 未来の教育課程への提言(その3)教科再編を考える--成人調査を中心に)  [in Japanese] A Comparative Study between the Generation about the Subject Education of Junior High School in Japan  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

15才以上の一般人を対象にしたアンケート調査のデータを用いて,義務教育に関する意識変化を年代別に解析した。解析した内容は,教科学習に対する「好き嫌い」,「得意度」,「有用性」および教科ごとの「項目別理解度」である。その結果,平成元年度の学習指導要領で義務教育を受けてきた世代,特に10代の若者の意識がかなり低下していること,特に数学においてその傾向が顕著であることが分かった。

Journal

  • The Bulletin of Japanese curriculum research and development.

    The Bulletin of Japanese curriculum research and development. 26(3), 69-72, 2003

    JAPAN CURRICULUM RESEARCH AND DEVELOPMENT ASSOCIATION

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008094501
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00247430
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集 // 会議録・学会報告
  • ISSN
    02880334
  • NDL Article ID
    6846859
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-1475
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top