ユビキタス環境における機器やユーザの移動を考慮したレベル調整付きサービス提供手法 Ubiquitous service platform with service level adjustment considering of location change of user and devices

この論文をさがす

著者

抄録

我々は,ユーザがいつでもどこでも多様な機器を操作し,現在の環境に合ったサービスを享受できるためのサービス提供プラットフォームであるユビキタスサービスプラットフォーム(USPF)の研究を行っている.USPF上のサービスを利用する際,ユーザや機器の移動によって,サービスが実際に利用する機器は動的に選択される.そのため,固定のサービス設定値をそのまま機器に適用すると,ユーザが享受するサービスレベルは場所や利用機器によって変化してしまう.本稿では,ユーザが利用する機器に関わらず同じサービスレベルを享受するために解決すべき課題を述べ,課題解決の方向性について検討を行う.

We have been studying on ubiquitous service platform (USPF), which enables users to manage various network connected devices anywhere and anytime and can provide context-aware services adjusting to present environment. When a user activates a service, devices used by the service are selected dynamically according to where the user is or whether a device has moved or not since the service recognized it. Therefore, if the configuration of the service for devices is fixed, the user receives an effect of the service with different service level according to devices used or field where the user is. In this paper, we will describe some issues to be solved for providing a user nearly the same level service regardless of devices used, and then consider how to solve the problems.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理

    電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理 110(172), 43-48, 2010-08-16

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008094879
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013061
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10816995
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ