投稿履歴と文体の類似判定を利用したQ&Aサイトにおけるなりすましユーザの検出  [in Japanese] Detection of Users Suspected of Using Multiple User Accounts and Manipulating Communications in a Q&A Site  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

Q&Aサイトにメッセージを投稿する場合、匿名性は重要である。匿名であることで、照れ、恥ずかしさ、評判などを気にせず質問、相談、回答、議論などをすることができるからである。しかし、この匿名性を悪用し、複数のアカウントを利用してQ&Aサイトでのコミュニケーションを操作しようとするユーザがいる。そこで、複数のユーザアカウントを用いて他人になりすまし、Q&Aサイトでの自分の評価を操作しようとするユーザを、その投稿履歴と文体の類似判定を利用して検出する方法を提案する。

Some users in a Q&A site abuse the anonymity and attempt to manipulate communications in the Q&A site. These users and their submissions discourage other users, keep them from retrieving good communication records, and decrease the credibility of the Q&A site. To solve this problem, we conducted an experimental study to detect users suspected of using multiple user accounts and manipulating evaluations in a Q&A site. In this study, we used messages in the data of Yahoo! chiebukuro for data training and examination.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 110(142), 63-68, 2010-07-15

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008095133
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10091225
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    10788565
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top