助数詞による可算・不可算区別は文法処理か Is Count/Mass Distinction Grammatically Drawn in Japanese? : an ERP Examination of Count/Mass Classifiers

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,助数詞によって可算名詞・不可算名詞が文法的に区別されているという議論に着目し(Chen & Sybesma, 1999, Mizuguchi, 2004),日本語話者におけるその妥当性に関して事象関連電位を用いて検討した.可算・不可算カテゴリー内のミスマッチ(例:可算名詞と可算助数詞)とカテゴリーを越えたミスマッチ(例:可算名詞と不可算助数詞)で共にN400成分が検出されたが,E-LANやLANといった文法成分は検出されなかった.日本語では可算・不可算の区別は文法処理ではなく意味的に処理されており、助数詞による可算名詞と不可算名詞の区別がされていないことが示唆された.

By means of ERP recording, the present study investigates whether count/mass nouns are grammatically distinguished by count/mass classifiers as proposed by Chen & Sybesma (1999). Broadly distributed N400 was evoked for mismatched pairs of nouns and classifiers. The violation across count/mass categories (e.g. a count noun with a mass classifier) did not show any distinctive signature indicating syntactic processing, and elicited the same N400 effect as that of the within-category violation (e.g. a count noun with a count classifier). The results suggest that classifiers are primarily processed on semantic bases and do not draw the count/mass distinction.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語

    電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語 110(163), 25-30, 2010-07-29

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008095301
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10449078
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10816376
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ