日本語における語順交替処理のタイムコース : 可逆文を用いた事象関連電位計測研究 Time Course of Processing Word Order Alternation in Japanese : An ERP Investigation Using Reversible Sentences

この論文をさがす

著者

抄録

日本語の語順交替現象に関して,処理のタイムコースを探る情報を得るために,単語の語順をそのまま維持して格助詞のみを入れ替える「可逆文(日本人の男性がアメリカ人の女性をほめた/日本人の男性をアメリカ人の女性がほめた)」を使用して事象関連電位計測実験を実施した.可逆文を仕様することで,語彙的な予測の相違を最小限に止めて格助詞によって生じる効果を計測したところ,第二名詞句(男性が/男性を)の位置ではN400が,第四名詞句(女性を/女性が)の位置では後頭部を中心に,500〜700ミリ秒をピークとする陽性成分が観察された.

An event-related-potential study was conducted to investigate into the time-course of processing alternating word order in Japanese. "Reversible sentences," which do not change plausibility even when the subject and object were exchanged (e.g. Nihonjin-no dansei-ga amerikajin-no jyosei-wo hometa "A Japanese man praised an Americal woman."/Nihonjin-no dansei-ga amerikajin-no jyosei-wo hometa "An American woman praised a Japanese man."), were used in order to control lexical/semantic factors. We found N400 for the second noun phrase (i.e. dansei-ga/dansei-wo) and a positivity distributing posterior regions in 500-700 time window for the fourth noun phrase (jyosei-wo/jyosei-ga).

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語

    電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語 110(163), 67-69, 2010-07-29

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008095308
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10449078
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10816398
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ