日本手話の音韻構造を考慮したHMMに基づく手話認識 HMM-based Sign Language Recognition Considering a Phonemic Structure of Japanese Sign Language

この論文をさがす

著者

    • 有賀 光希 ARIGA Koki
    • 名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻 Department of Computer Science and Engineering Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology
    • 酒向 慎司 SAKO Shinji
    • 名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻 Department of Computer Science and Engineering Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology
    • 北村 正 KITAMURA Tadashi
    • 名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻 Department of Computer Science and Engineering Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology

抄録

隠れマルコフモデルに基づいた手話認識において,単語を構成する手話構成素(サブユニット)の自動生成手法を提案してきた.手話の表現は,手の局所情報,位置,運動という性質の異なる要素が同時的に出現し,これらの組合せによって多様な動作を構成するとみなせる.そこで本稿では,このような手話の音韻構造に着目し,片手分のパラメータを持つ手の局所情報,位置,運動という3種のサブユニットモデルを自動生成する方法について述べる.そして,これらサブユニットの組合せにより,並行して変化する6系列(音韻3種×両手)からなる単語モデルを構築し,孤立単語認識実験によって評価を行う.

We work on Japanese sign Language (JSL) recognition using HMM. For large vocabulary recognition, constituent element of sign (subunit) should be adopted. Here JSL is composed of 3 types of phonological components which is hand local information, position, and movement. So we should use a model topology considering these aspect. In this report, we describe a method of generating 3 types of subunit, and word model formed from these subunits.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学 110(221), 127-132, 2010-10-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008106142
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155230X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10882024
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ