ソフトウェアライセンスがコピーアンドペーストによる再利用に与える影響の調査  [in Japanese] An Investigation of Copy-and-paste Reuse between Source Files Distributed under Different Licenses  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

オープンソースソフトウェア(OSS)のソースコードは,ライセンスに示された条件を満たすことで再利用することが出来る.ここで,OSSのライセンスには多くの種類が存在するため,再利用の際に満たさなければならない条件も様々なものが存在する.そこで我々は,この条件によって,ソースコードが再利用される頻度や,再利用先のソフトウェアの種類などに違いが発生しているのではないかと考えた.ライセンスが再利用に与える影響を調査するため,ソースコードの最も基本的な再利用の方法であるコピーアンドペーストを,コード片が含まれるファイルのライセンスで分類する.本論文では,予備的な調査として小規模なソースコード集合に対して,手動による予備的な調査を行なった.その結果,ライセンスによって,コピーアンドペーストの頻度が異なることや,コピーされたコード片を共有するソフトウェアの組には,ライセンスの点で特徴があることが分かった.

Source code of open-source software (OSS) can be reused if a developer observe requirements of its license. There are many various licenses, therefore there are many various requirements to reuse source code. Then, we presume that this condition influences frequency of reusing source code and variety of software. To analyze an influence of license to reuse, we make a classification of copy-and-paste-this is the most basic method of reusing source code-in the basis of a license of a file which contains code snippet. In this paper, we performed preliminary experimental study that analyzes a small-scale set of source code by hand. The result shows that there is a difference of frequency of copy-and-paste between each license, and a couple of software which shares code snippet copy-and-pasted is characterized by its license.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 110(227), 25-30, 2010-10-07

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  10

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008106382
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013287
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    10881917
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  IR 
Page Top