2A-16 競合モデルは日本語の助詞研究において有効か(発達2A)

この論文にアクセスする

著者

収録刊行物

  • 日本教育心理学会総会発表論文集

    日本教育心理学会総会発表論文集 31(0), 75, 1989

    一般社団法人 日本教育心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008131782
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    2189-5538
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ