一部のノードからの情報収集により全リンク上のトラヒック量を推定する手法 Estimation of Traffic Amounts on all Links by Using the Information From a Subset of Nodes

Search this Article

Author(s)

Abstract

トラヒックエンジニアリングを行うためには、定期的にネットワーク内のトラヒック情報をネットワーク内の各ノードから収集する必要がある。しかしながら、大規模ネットワークでは、全ノードから定期的にトラヒック情報を収集することは、情報収集を行うサーバの負荷の増大を招く。本稿では、一部のノードを選択し、選択されたノードから収集したトラヒック情報のみから、全リンクのトラヒック量を推定することにより、トラヒック情報収集負荷を削減する手法を提案する。評価結果より、全ノードのうちの30%のノードから収集したトラヒック情報を用いることにより、提案手法はトラヒックエンジニアリングに必要となる全リンクのトラヒック量を平均二条誤差100Mbps以下の精度で推定することができることが明らかとなった。

Traffic information is required to perform traffic engineering. However, as the network that require traffic engineering becomes large, the overhead to collect the traffic amount information required for traffic engineering becomes large. In this paper, we propose a method to reduce the overhead to collect the traffic amount information. In our method, we select a subset of nodes and collect the traffic amount information only from the selected nodes. Then, we estimate the traffic amount on each link by using the information collected from the selected nodes. According to simulation results, our method can estimate the traffic amount on each link required for traffic engineering accurately by monitoring 30% of all nodes.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 110(264), 19-24, 2010-10-25

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008145065
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11864040
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    10916273
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top