英語リスニング電子教材を対象とした眼球運動分析による学習者の主観難易度の推定 Estimation of Users' Subjective Difficulty from Eye Movement of WEB Based English Listening Tests

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,学習者が問題解決中に学習内容に対して主観的に感じる「簡単」,「難しい」の評価を主観難易度と定義し,選択式英語リスニング電子教材を対象に,学習者の解答時間における眼球運動から問題個別の主観難易度を推定する手法を提案する.まず,大学生5 名(男性2 名,女性3 名)を対象に学習中の眼球運動と学習内容に対する主観評価とを対応付ける測定実験を行い,推定に有効と思われる特徴量について検討した.t 検定の結果,主観難易度の評価間において眼球運動の移動速度,視野角度変位,移動速度の標準偏差,視野角度変位の標準偏差,瞬きの回数に有意差が確認されこれらを特徴量とすることとした.次に,抽出した特徴量を用い,学習者の主観難易度をマハラノビス距離により推定した.マハラビス距離の演算時は,固有値の影響を考慮し累積寄与率が97%以上となる第m 番目の固有値までを用いた.シミュレーション実験の結果,「簡単」84.2%,「難しい」88.5%の推定の一致率が得られた.

収録刊行物

  • 東海大学紀要. 開発工学部

    東海大学紀要. 開発工学部 20, 117-125, 2011-03-31

    東海大学

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008146982
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10381815
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    09177612
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ