時空間的相関を考慮した小地域不動産価格インデックスのベイズMCMC推定  [in Japanese] House Price Index in Small Areas with Bayesian MCMC Estimation Based on Spatio-Temporal Correlation  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文は、小地域における不動産価格インデックスなどの不動産価格情報を推計・集約する技術開発を行う上で必要なアルゴリズムを提案することを目的としている。具体的には、不動産価格推定において頻繁に利用されるヘドニック価格法に基づき、時空間相関を考慮した状態空間モデルを構築したうえで、係数パラメータのベイズMCMC 推定を行うアルゴリズムを示す。これを通じて、特にこれまで推定が困難とされてきた小地域(丁目区分)に細分化された不動産価格インデックスを推定する方法を提案する。

Journal

  • 摂南経済研究

    摂南経済研究 1(1・2), 39-51, 2011-03

    Setsunan University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008148626
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12516301
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    2185-7423
  • NDL Article ID
    024235521
  • NDL Call No.
    Z72-D39
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top