術中言語機能検査システムIEMASの開発と臨床への適用 The development and application of the device for intraoperative examination monitor for awake surgery

Access this Article

Author(s)

    • 櫻井 康雄 SAKURAI Y
    • 東京女子医科大学先端生命医科学研究所,東芝メディカルシステムズ株式会社研究開発センター Institute of Advanced Biomedical Engineering and Science, Tokyo Women's Medical University, Research and Development Center, Toshiba Medical Systems Corporation
    • 村垣 善浩 Muragaki Yoshihiro
    • 東京女子医科大学先端生命医科学研究所,東京女子医科大学脳神経センター脳神経外科 Institute of Advanced Biomedical Engineering and Science, Department of Neurosurgery, Neurological Institute, Tokyo Women's Medical University
    • 南部 恭二郎 Nambu Kyojiro
    • 東京女子医科大学先端生命医科学研究所,東京女子医科大学画像診断・核医学科,東芝メディカルシステムズ株式会社研究開発センター Institute of Advanced Biomedical Engineering and Science, Tokyo Women's Medical University, Research and Development Center, Toshiba Medical Systems Corporation
    • 伊関 洋 Iseki Hiroshi
    • 東京女子医科大学先端生命医科学研究所,東京女子医科大学脳神経センター脳神経外科 Institute of Advanced Biomedical Engineering and Science, Department of Neurosurgery, Neurological Institute, Tokyo Women's Medical University

Abstract

グリオーマ摘出術において、最大限の病変摘出と機能温存の両立を図るために、術中言語機能検査が有効な手段のひとつと考えられている。,覚醒下の患者に検査タスクを見せると同時に、脳を電極刺激し、患者の応答から言語野をはじめとする機能野を術中に同定し、適切な切除範囲を決定できる。しかし、術中言語機能検査では、患者の検査タスクへの応答から、言語野への刺激による失語症と、陽性運動反応、陰性運動反応を区別するのが難しい。,そこで我々は、この問題を解決するため、術中言語機能検査システム IEMAS(Intraoperative Examination Monitor for Awake Surgery)を開発した。IEMASは、検査タスクを選択するPC、患者に検査タスクを提示するディスプレイと、患者の顔の映像、麻酔モニター、術野映像、手術ナビゲーション装置の画像情報をひとつの画面に表示するディスプレイを備える装置である。IEMASにより、手術チームは、提示された検査タスク、応答する患者の顔、麻酔深度、術野映像と手術ナビゲーション装置上での刺激場所を簡便に確認できる。我々は、言語野近傍のグリオーマ摘出術96例にIEMASを適用した。結果、43例でブローカ野、15例でウェルニッケ野が同定され、そのうち、13例では、言語野が腫瘍領域内に存在することが分かった。また、陽性、陰性運動野が、それぞれ13例で同定された。また、腫瘍摘出途中に失語症を中心とした言語症状が出現した症例が30例あり、うち、21例では摘出を終了した。,IEMASによる、術中検査に関連する情報の統合は、患者の失語症状、陽性運動反応、陰性運動反応を区別するのに有効であった。また、術者が、同定された機能野と腫瘍の位置関係を簡便に把握し、手技に反映させるのに有用であった。,

Intraoperative brain mapping is generally considered as an effective technique for identification of the cortical speech centers during surgery for cerebral gliomas. However, several pitfalls may interfere with correct interpretation of the obtained functional information. To facilitate application of this technique, Intraoperative Examination Monitor for Awake Surgery (IEMAS) was developed by us. View of the patient's face and examination task, level of sedation, view of the surgical field and display of the neuronavigation system can be observed simultaneously on IEMAS. We applied IEMAS in 96 awake craniotomies for gliomas adjacent to the cortical speech centers. In this series true positive intraoperative identification of Broca's area was done in 43 patients, Wernicke's area in 15, and both areas in 2. In 13 cases the functionally preserved speech area was identified within the tumor mass itself. In 26 cases false positive speech arrest due to stimulation either motor (13 cases), or negative motor (13 cases) cortex was noted. In 30 patients continuous monitoring of the speech function during tumor removal revealed appearance of its disturbances, and in 21 of them aggressive resection of the neoplasm was abandoned. Use of IEMAS was effective in determination of the cause of speech arrest, differentiation of true positive and false positive identification of the cortical speech centers, and precise localization of the functioning eloquent cortex with regard to tumor mass itself.

Journal

  • Journal of Tokyo Women's Medical College

    Journal of Tokyo Women's Medical College 81(1), 32-40, 2011-02

    Tokyo Women's Medical University

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008426934
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00161368
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    00409022
  • NDL Article ID
    11050997
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-400
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  IR 
Page Top