エノキタケ抽出物のラット初代前駆内臓脂肪細胞での脂肪蓄積抑制効果 Effect of "Flammulina velutipes extracts" on decrease the lipid accumulation using rat visceral adipocyte culture system

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ヒト臨床試験においてエノキタケ抽出物を配合する食品を摂取することにより,CTによる内臓脂肪面積がコントロール群に比べ有意に低下したことが報告されている.また,これまでにエノキタケ抽出物含有脂肪酸混合物はβアドレナリン受容体発現細胞に結合活性を有することが見出されている.そこで著者等はエノキタケ抽出物をラット初代前駆内臓脂肪細胞の培養系に添加し,脂肪蓄積に及ぼす影響を調べた.その結果,コントロールに比べ形態的に脂肪滴の顕著な減少が見られ,脂肪蓄積抑制作用が確認された.また,培養後に細胞のトリグリセリド(TG)/DNA当量の分析を行ったところ,コントロールに比べ,エノキタケ抽出物添加群では有意に減少することが確認された.よって,エノキタケ抽出物が内臓脂肪蓄積抑制作用を有することが示唆された.

Clinical studies in humans have reported that the intake of dietary Flammulina velutipes (Curt.: Fr.) Singer extracts results in a significant decrease in the visceral fat area as measured by computed tomography. The fatty acid composition of F.velutipes extracts was found to include constituents that bind to cells expressing the β-adrenoceptor. Here, we investigated the effect of F.velutipes extracts on lipid accumulation in primary culture of rat visceral adipocytes. Morphological examination showed a marked reduction in lipid droplets compared with the control, demonstrating an inhibitory effect on lipid accumulation. The triglyceride (TG) to DNA ratio in cells after the culturing with F.velutipes extract was significantly lower. These findings suggest that F.velutipes extracts have an inhibitory effect on visceral fat accumulation.

収録刊行物

  • 日本きのこ学会誌

    日本きのこ学会誌 18(4), 145-148, 2010

    日本きのこ学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008440499
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12415767
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1348-7388
  • NDL 記事登録ID
    11002966
  • NDL 雑誌分類
    ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z18-B266
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ