われわれはウィキペディアとどうつきあうべきか : メディア・リテラシーの視点から(<特集>ソーシャルサービス活用指南) How should we deal with Wikipedia : A media literacy perspective(<Special feature>How and what to use social service)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 渡辺 智暁 WATANABE Tomoaki
    • 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM):クリエイティブ・コモンズ・ジャパン Center for Global Communications(GLOCOM), International University of Japan:Creative Commons Japan

抄録

本稿ではウィキペディアを使う上で重要となるメディア・リテラシーを論じている。具体的には, ウィキペディアの運営・品質管理体制や方針, 参加者の動機, 利害関係者の動機や影響力などを解説し, ウィキペディアの特定の項目の信頼性を見積もる上でそれらがどのように手がかりとなるかを論じる。また, ウィキペディアの信頼性・品質に関する既存の調査の傾向に触れつつ, 限界を指摘する。他の資料との併用が有益であること, ウィキペディアは他の資料への入口としても有用性を増しつつあることを述べる。最後に, 中長期的な視点に立つと, ウィキペディアへの貢献も, 信頼性の問題への有意義な解決方法であり, 直接的な貢献の他にも多様な間接的貢献法があることを説明する。

This article discusses Wikipedia's governance, policies, participants (their motivations), and various stakeholders (their interests and influences). The central concern is how these factors affect the quality of Wikipedia's articles. Understanding these influences empower readers of Wikipedia to better assess its reliability within specific context. The article also argues that mid- to long-term solution to the reliability issue should include not just being a savvy reader, but also to contribute to Wikipedia. A number of direct and indirect ways to make contributions are explained.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 61(2), 64-69, 2011

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008440894
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    10952055
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ