伝熱面積を考慮した人体表面3次元モデルに関する研究 Three-dimensional human body surface model in consideration of the heat transfer area

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

人体と周囲環境との間の熱交換量を数値シミュレーションにより正確に求めることを可能とする実測による人体表面3次元モデルの開発をし、その有効性を検証した。人体表面3次元モデルは、伝熱面積を考慮して開発した。実測は非接触3次元デジタイザを用いて、立位・裸体の成人男性1名を被験者としておこなった。シミュレーションモデルを構成する面の数は、約11,400個であった。シミュレーションモデルの有効性の検証は、人体の対流伝熱面積、人体と床面との接触伝熱面積及び人体の放射伝熱面積の比較によりおこなった。その結果、シミュレーションモデルと人体の対流伝熱面積の差は0.4%であった。また、放射伝熱面積の差は2.6%であった。床面と人体との接触伝熱面積の差は9.5%であった。開発した汎用モデルの有効性を伝熱面積の視点から検証した。

A three-dimensional human body surface model was developed and its validity was verified. Use of the three-dimensional human body surface model enables accurate calculation of the amount of heat exchange between the human body and the environment in a numerical simulation. A non-contacting three-dimensional digitizer was used for measurement, with a nude male in the standing posture selected as the subject. The simulation model was comprised of about 11,400 triangular polygons. Verification of the validity of the simulation model was performed by comparison of the heat transfer area. The results showed that the difference between the convection area of the simulation model and the human body was 0.4%. In addition, the differences in radiation area and contacted surface area between them were 2.6% and 9.5%, respectively.

収録刊行物

  • 人間と生活環境

    人間と生活環境 10(2), 94-100, 2003

    人間-生活環境系学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008447638
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11443337
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1340-7694
  • NDL 記事登録ID
    6880184
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z6-B695
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ