小児外鼠径ヘルニアに対するLaparoscopic percutaneous extraperitoneal closure(LPEC)法--100例を経験して  [in Japanese] Laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure (LPEC) to treat inguinal hernia in children at Nagasaki University with more than 100 cases  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

小児鼠径ヘルニアに対し2008年から腹腔鏡下経皮的腹膜外ヘルニア閉鎖術(laparoscopic percutaneou 小s extraperitoneal closure、以下LPEC法)を施行し、昨年の本誌において、従来のPotts法との比較検討を行った。以降、標準術式としてLPEC法を採用し、2010年10月、LPEC法施行症例が104例に達した。手術所見、手術術式、術中・術後合併症など術式についてretrospectiveに検討した。症例内訳は、男児54例、女児50例、生後1ヵ月から12歳3ヵ月まで(中央値2歳9ヵ月)であった。対側ヘルニア門の開存を術中に認めた32例を含む41例に両側ヘルニア門の縫縮を行った。手術時間は片側、両側ともに男女間で差は認めず、片側と両側との比較では、両側で約7分長くかかった。術中合併症は認めず、術後合併症として再発を1例(0.9%)に認めた。小児鼠径ヘルニアに対するLPEC法は、安全かつ低侵襲、手技も簡便であり、対側発現を予防できる可能性があることから、有用な術式であるが、再発や長期合併症について今後さらなる追跡、検討が必要である。

Journal

  • Nagasaki medical journal

    Nagasaki medical journal 85(4), 331-338, 2010-12

    Nagasaki University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008452473
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00275753
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03693228
  • NDL Article ID
    11065866
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-185
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top