大学で音楽を専門とする価値 : ソルフェージュ教育とハーモニー教育 Value the specialty of which is music in the university : solfeggio and harmony education

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

ソルフェージュとハーモニーの能力は、音楽を専門とするには不可欠であり、音楽大学の専門科目では根幹となる授業である。従って、ソルフェージュ教育とハーモニー教育の現状と問題点は、音楽大学の現状と問題点をそのまま映し出している。今回の研究ノートは、芸術情報研究第16号に鳴海史生教授が書かれた、"「固定ド・移動ド」をめぐって"への私の回答であり、現在すすめている新規ハーモニーテキスト内容の一部である。また、工学系大学の音楽への取り組みを紹介して、音楽大学の現在置かれている社会的立場を考察する。The ability of solmization and harmony is indispensable and principal which all students in musicmajor will acquire in their specialized courses, at universities.Therefore existing and current issues in teaching solmization and harmony are reflecting the role ofthe musical university in our society.In this research, I'll define and expand the theory of「Fixed/Movable doh」written by professor FumioNarumi in his research. I'll quote some content from my new text book, teaching harmony.I'll also introduce several curricula taught to students majored in engeneering at universities, andconsider the role of the musical university in our society.

収録刊行物

  • 尚美学園大学芸術情報研究 = Journal of Informatics for Arts, Shobi University

    尚美学園大学芸術情報研究 = Journal of Informatics for Arts, Shobi University 18, 83-106, 2010-11-01

    尚美学園大学芸術情報学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008454115
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12312312
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18825370
  • NDL 記事登録ID
    10932399
  • NDL 雑誌分類
    ZK1(芸術) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-H421
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ