症例報告 腹膣鏡下胃全摘術における経口アンビルによる再建法の有用性  [in Japanese] Reconstrction using trans-oral placement of the pretilted anvil head after laparoscopy-assisted total gastrectomy for gastric cancer  [in Japanese]

Abstract

早期胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術は、その高い整容性と低侵襲性から普及してきている。一方、胃全摘術に対する腹腔鏡手術は安定した再建法が確立されておらず、施設間によって様々な再建法を選択しているのが現状である。当科では経口アンビル(Orvil25)・自動吻合器を用いた再建を2008年より行い良好な結果を得ている。今回、(1)経口アンビルを用いた空腸パウチによるRoux-en-Y再建法と、(2)胃癌の食道浸潤によって縦隔内での切離・再建を余儀なくされた症例を各々提示し、経口アンビルによる再建の有用性を報告する。

Journal

  • Nagasaki medical journal

    Nagasaki medical journal 85(4), 356-362, 2010-12

    Nagasaki University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008454138
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00275753
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03693228
  • NDL Article ID
    11065955
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-185
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top