『念仏三昧宝王論』の撰述年代--飛錫の事跡に関連して  [in Japanese] The date of the Nianfosanmeibaowanglun  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

唐代中期の飛錫が著した『念仏三昧宝王論』からは、浄土教、天台宗、禅宗、三階教などの諸思想が重層的に絡み合う特異な思考を見てとることができる。しかし飛錫が主題とした思想、教学は、必ずしも解明されておらず、先だって『宝王論』に見られる諸思想が互いにどのような意図をもって関連付けられたか考察する必要がある。その際、同時代の諸宗及び思想家達の動向を窺うことが最も重要になってくる訳であるが、飛錫の『宝王論』の撰述年代はおろか活動年代に関しても、未だに定説を見ないのが現状である。そこで本稿では『宝王論』の撰述年代及び飛錫の事跡に関する記述を整理し考察していく。飛錫不空『念仏三昧宝王論』安史の乱

Journal

  • The Bukkyo University Graduate School review Compiled by the Graduate School of Literature

    The Bukkyo University Graduate School review Compiled by the Graduate School of Literature (39), 1-16, 2011-03

    Bukkyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008454251
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12387923
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    18833985
  • NDL Article ID
    11060921
  • NDL Source Classification
    ZK21(言語・文学)
  • NDL Call No.
    Z71-X642
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top