宣長・アマテラス・天文学--近世神話としての『古事記伝』のために  [in Japanese] Norinaga, Amaterasu, astronomy: on the Kojikiden as contemporary myth  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本居宣長『古事記伝』に描かれた太陽神アマテラスの像は、中世的に変貌したアマラテスにたいする「古代神話」の復権として見られてきた。しかし宣長のアマテラス=太陽説は、十八世紀における西洋天文学の知識、とくに『真暦考』などに示された地球説、太陽暦の受容と不可分なものである。そこには宣長が導いたアマテラスの「普遍性」が、十八世紀の科学・天文学に支えられていることが見てとれる。本稿では天文学と神話解釈の問題を「中世日本紀」の世界にまで遡り、とくに宋学系天文学と吉田兼倶の日本紀言説との接点を再検討しつつ、さらに渋川春海との比較を通して、宣長のアマテラス像の固有性を「近世神話」として解読する視点を提示する。アマテラス吉田兼倶西洋天文学渋川春海近世神話

Journal

  • Journal of the School of History

    Journal of the School of History (1), 1-18, 2011-03

    Bukkyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008454358
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1251450X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    21854203
  • NDL Article ID
    11116266
  • NDL Source Classification
    ZG1(歴史・地理)
  • NDL Call No.
    Z72-D9
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top