普通教室における日常的なICT活用を支える投影環境の検討  [in Japanese] Examination of Projection Environment to Support Daily ICT Use in Classroom  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

普通教室における日常的なICT活用を支える環境を検討するため,板書とプロジェクタ投影を組み合せることができ,入力ソースを左右任意のプロジェクタに投影可能な環境を構築した.実証実験を通して教員のICT活用経験による活用方法の違いや特徴について調査した結果,ICT活用の経験に関わらず投影画面内外の板書を組み合わせる授業が高い割合で見られた.エキスパートは非エキスパートと比較し,投影画面内へ書き込みをした授業数が約2倍であり,左右両方のプロジェクタを多く活用していたことから,エキスパートが授業の実態等に合わせて投影先を選択していることが示唆された.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 34(Suppl.), 61-64, 2010

    Japan Society for Educational Technology

References:  6

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008506679
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    11004328
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top