反論-再反論構造の判別しやすさを規定する談話指標の探索  [in Japanese] Exploration of Discourse Patterns Determining Discernaiblity of Counterargument-Rebuttal Structure  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

作文指導の実践研究には,文中の反論-再反論構造の有無について判断できる明確な基準が必要である.そこで本研究は,反論-再反論構造の有無を評価者が判断する過程を検討した.大学生の作文229事例が主に検討された.これらは反論-再反論構造の有無,判断の難易度について,2名の評定者によって評定された.この評定結果を規定する談話構造を探索したところ,文中の「命題+逆接パターン」によって,判断が容易になることが分かった.但し,このパターンが使用されても,判断が難しい事例も見られた.難しい理由を分類すると(1)逆接の多用による構造の複雑化,(2)主張自体の曖昧さ・複雑さ,(3)主張の適用範囲の限定との混同,(4)理由・根拠の構造の曖昧さ,の4つに分けられた.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 34(Suppl.), 97-100, 2010

    Japan Society for Educational Technology

References:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008506688
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    11004455
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top