モジュール型デバイスによる実世界への図形描画と空間計測 Modular Devices to Create a Flexible Sensing Space

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿では,環境や使用者へ大きな負荷を与えず,実世界において簡便に幾何学図形を描画し,かつ描かれた図形によって作られた空間の計測を可能にする,新しいモジュール型デバイスを提案する.これは,レーザ光を出力する小型モジュールを空間内に自由に配置することで図形を描画するとともに,これらのモジュール群が形成する閉空間で物体検知を実現するものである.これにより床面を可能な限り阻害せず,空間内での物体検知が可能になるだけでなく,LEDやスピーカによる視聴覚刺激を通じて人の移動・跳躍などといった運動計測,および次の動作位置の指示や認識結果の提示を実現する.これにより子どもたちが広場に線を引いて,遊びの空間を作るような新たな実世界インタラクションを実現することを目指す.We propose a novel modular device that allows users to create a flexible sensing space in the real world. The developed modular device is small and lightweight. The modular device consists of a laser emitting diode, infrared sensors, wireless meshed network components, LEDs and a loudspeaker. User can freely put devices on the ground and rotate them so that a geometrical shape will appear. At the corners of the geometrical shape the modular devices are located. The boundaries of this geometrical shape are visualized by the laser emitting diode. Within this geometrical shape the sensing space is created by the infrared sensors.By creating the sensing space in this manner there are no physical objects needed or present in the sensing space. The developed system provides an interactive visual/audio environment as if children would make hand drawings on the ground and play with the created shapes. Potential applications are human-behavior registration, motion guidance and therapeutic exercise.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 52(4), 1527-1536, 2011-04-15

    情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008507987
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL 記事登録ID
    024149374
  • NDL 請求記号
    YH247-743
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ