金星の太陽面通過で測る太陽系のスケール : ハレーが考えた太陽視差決定法(北海道支部<特集>)  [in Japanese] The Transit of Venus and Determination of the Astronomical Unit(Report from the Hokkaido Section)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ハレーが提案した金星の太陽面通過観測による太陽視差(太陽-地球間距離,天文単位)導出方法を解説する。ハレーは,地上で観測される金星の太陽面通過現象が地球の自転の影響を受けることを利用して太陽視差を求めようとした。金星の太陽面通過は最大8時間ほどの時間経過を要する現象であるため,観測される通過現象はこの間の地球自転による観測点の移動に影響される。ハレーによる提案,地球の表と裏で観測される金星の太陽面通過時間差から太陽視差を求める方法を原論文に基づいて考察・解説する。

Journal

  • Journal of the Physics Education Society of Japan

    Journal of the Physics Education Society of Japan 59(1), 50-53, 2011

    The Physics Education Society of Japan

References:  11

Cited by:  1

  • 20190509  [in Japanese]

    岡崎 隆

    Physics Education in University 18(1), 4-7, 2012

    J-STAGE  References (17)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008513702
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0021972X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0385-6992
  • NDL Article ID
    11039503
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学) // ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z15-2
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top