看護学教育におけるチーム基盤型学習法(TBL)導入の試み  [in Japanese] Attempt of TBL in nursing science education  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 常盤 文枝 Fumie Tokiwa
    • 埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科 Department of Nursing, School of Health and Social Services, Saitama Prefectural University
    • 鈴木 玲子 Reiko Suzuki
    • 埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科 Department of Nursing, School of Health and Social Services, Saitama Prefectural University

Abstract

チーム基盤型学習法(TBL)とは、Michelesenによって発想、確立された学習方法である。米国では、医学、看護学、運動学、獣医学などの多くの医療専門職の教育プログラムに活用されている。TBLの基本は、学習者の「責任性」と「判断力」にあり、少人数グループで作業をすすめる過程で、学習集団をグループからチームへと進化させる方法である。TBLは協同学習の1つと考えられるが、その持ち味は、大人数の授業で、一人の教員が、1つのセッションを舵取りし、授業中に学生を能動化させることができる点にある。TBLは、予習、準備確認、応用問題の3つのフェーズごとに進められ、その過程で学生が取り組むやすいように様々な仕掛けが施されている。今回、TBLを活用した授業を試みた。その結果、学生の受け止めは肯定的で、主体的に授業に取り組む様子が伺えた。今後も、より能動的な授業展開ができるよう教育プログラムを検討したい。

Journal

  • The Bulletin of Saitama Prefectural University

    The Bulletin of Saitama Prefectural University 12, 137-142, 2010

    Saitama Prefectural University

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008581542
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11480694
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13458582
  • NDL Article ID
    11140747
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-E365
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  IR 
Page Top