教科「情報」の履修状況と情報リテラシに関する平成22年度新入生アンケートの結果について  [in Japanese] A questionnaire survey of the new students in 2010 academic year about the subject "Information Study" and information literacy  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

平成 15 年度に始まった高等学校普通科における教科 「情報」 を履修した学生が昨年度より大学に入学しはじめている.これに伴い大学では従来の情報リテラシ教育のあり方の見直しを迫られている.そこで本学では,教科 「情報」 の履修状況と関連した情報リテラシ修得状況を,平成 18 年度より新入生についてアンケート調査している.今年度も引き続き調査を行った結果,高校における教科 「情報」 の履修の傾向が安定してきていること,教科を履修させていない高校がまだ残っていること,アプリケーション利用に関するスキルは身についているが情報セキュリティに関するリテラシが十分とは言いかねること,プログラミングを習いたいとする意欲が高いことなどが明らかになった.The new subject "Information Study" in senior high school started in 2003 fiscal year and the students who finish the subject have come to enter the universities since last year. It forces universities to reconstruct the curriculum to fit the situation. Therefore, we made questionnaire surveys of the students who entered the university in each academic year from 2006 about the learning situation of the new subject and related information literacy. According to the result of this academic year, it was clarified that taking the subject "Information Study" in senior high school stably have tendencies, there still remains some schools which do not open the subject, the students have mastered the usage skill of software applications but have not enough mastered about information security literacy, and their greediness for learning programming languages is high.

Journal

  • 研究報告インターネットと運用技術(IOT)

    研究報告インターネットと運用技術(IOT) 2011-IOT-12(22), 1-7, 2011-02-21

    情報処理学会

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008583058
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12326962
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    2186-2583
  • NDL Article ID
    025109315
  • NDL Call No.
    YH267-101
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  IPSJ 
Page Top