計算ブロックパズルの生成アルゴリズム How to Produce SumBlock Puzzle Instances

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

計算ブロックパズルでは,与えられた n × n の盤面のブロックへの分割および各ブロックに対する自然数の割当に対し,ラテン方陣条件と部分和条件を満たすように,盤面上のすべてのセルに 1, 2,...,n の数を割り当てることが求められる.本研究では計算ブロックパズルの生成アルゴリズムを開発する.生成されるパズルの種類は,アルゴリズムに組込まれる推論規則によって調整される.被験者実験の結果,高度な推論規則を用いて生成されたパズルは,そうでないパズルより正答率が低いことが観察された.For given partition of n × n grid into blocks and assignment of integers to the blocks, SumBlock puzzle asks to assign integers from {1, 2, . . . ,n} to all cells in the grid so that the completion satisfies the Latin square condition and the subset sum condition. In this research, we develop an algorithm to yield a SumBlock puzzle instance. Types of generated instances are adjusted by inference rules built into the algorithm. Our experimental studies show that human players are more likely to fail to solve the instances generated with sophisticated inference rules than those generated with easy inference rules.

収録刊行物

  • 研究報告ゲーム情報学(GI)

    研究報告ゲーム情報学(GI) 2011-GI-25(6), 1-7, 2011-02-26

    情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008583073
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11362144
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    2186-2583
  • NDL 記事登録ID
    025116444
  • NDL 請求記号
    YH267-101
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ