グローバルなソフトウェア開発におけるマネジメント手法 Management technique in global software development

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究では,グローバルなソフトウェア開発に求められるマネジメント手法を提案する.一般に,オフショア開発とはシステムインテグレータが,システム開発・運用管理などを海外の事業者や海外子会社に委託することである.受注先として中国の企業が多いが,中国の人件費の高騰,物価の上昇,さらには通貨人民元の切り上げなどから,単純なオフショア開発の魅力は急速に薄れつつある.現在,中国以外のパートナーとして注目を集めているのがベトナムである.しかし,現地の技術者の経験不足,言葉や習慣の違いから来るコミュニケーション不足により納期や品質に関するトラブルも増加傾向にある.提案するマネジメント手法は,この課題に対する解決を目的とするものである.In this study, we propose a management technique required by a global software development. Generally speaking, in an offshore development, a system integrator delegates a system development, operation and management to overseas companies or overseas subsidiaries. Although Chinese companies have accepted such orders for years from Japan, they are becoming less appealing as a contractor of simple offshore development projects because of increasing labor cost, higher prices, and stronger Yuan currency. At the moment, Vietnam is attracting attention as a partner other than China. However, troubles related to delivery time or software quality are increasing because of miscommunication between Vietnamese and Japanese engineers arising from lack of experience or difference in language and culture. The objective of the proposed management technique is to solve such problems.

収録刊行物

  • 研究報告ソフトウェア工学(SE)

    研究報告ソフトウェア工学(SE) 2011-SE-172(1), 1-8, 2011-05-10

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008583140
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10112981
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ