メニーコア環境におけるキャッシュアウェア・オペレーティングシステムに向けて Towards a Cache-aware Operating System in Many-core Architecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

我々は,汎用コアによるメニーコアアーキテクチャ上で,メニーコアの特性を生かした,キャッシュを考慮したオペレーティングシステムを設計している.このシステムは,メニーコア上でのキャッシュ汚染を軽減しながら,汎用 OS のカーネルの機能を提供することを目的とする.本稿では,その予備評価として,システムコールやライブラリのキャッシュに対する影響について測定を行った結果を示す.その結果は,このアプローチが効果的となるためには,特定のコア上で,同じシステムコールやライブラリ関数を実行するか,同じアプリケーションのスレッドのシステムコールなどを実行することが必要であることを示唆する.We have been designing a cache-aware operating system for many-core architecture, which consists of a number of generic cores. The operating system is aimed to reduce cache pollution in many-core architecture while it provides the full functionality of a general operating system via host multicore CPUs. As a feasibility study on this approach, we have conducted experiments for effects of the operating system calls and the library calls on cache. The results suggest that the particular system calls or library calls should be executed in a dedicated core, or those of the threads of the same application should be executed in a dedicated core for this approach to be effective.

収録刊行物

  • 研究報告システムソフトウェアと オペレーティング・システム(OS)

    研究報告システムソフトウェアと オペレーティング・システム(OS) 2011-OS-117(2), 1-8, 2011-04-06

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008583234
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10444176
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ