アノテーション付加による知識共有型電子書籍の提案  [in Japanese] Proposal of knowledge sharing e-book adding annotations  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

近年,Amazon 社の Kindle や Apple 社の iPad の登場により,電子書籍はより身近なものになった.特に日本国内でも電子書籍市場規模は右肩上がりで拡大しており,電子書籍の重要性が高まっていることが分かる.しかし,従来の電子書籍は紙の書籍同様,一人のユーザーが読み,自分のためにコメントなどを付加できるもので,他の読者とコメントなどを共有できるものではなかった.コメントやブックマークなどの書籍に関連したアノテーションを他のユーザーと共有することで,書籍の特定の箇所に関わる議論や疑問の解決や要点の抽出など,電子書籍ならではの新しい書籍の読み方が提案できる.本研究で提案および実装を行った "libenote" は電子書籍に対してアノテーションを付加し,それらを共有することでユーザー間の知識共有を図る,電子書籍のための統合プラットフォームである.本稿では,印刷された書籍に対する読者の書き込み調査を元に提案を行い,設計と実装について述べる.In recent years, electronic-book (e-book) is getting more and more popular after iPad and Kindle. In Japan, because e-book market is growing, e-book has been growing in importance. However, existing e-book has few share functions. It could be proposal for reading to share annotations like a comments or bookmarks. We propose "libenote" which has function for adding annotations and sharing it. The libenote is a platform for e-book with annotations. In this paper, we present proposal, design, and implementation for libenote.

Journal

  • 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2011-HCI-142(13), 1-8, 2011-03-10

    情報処理学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008583628
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1221543X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • ISSN
    2186-2583
  • NDL Article ID
    025098121
  • NDL Call No.
    YH267-101
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IPSJ 
Page Top