指を識別するタッチインタフェース向けインタラクション手法の検討  [in Japanese] An Exploration of Interaction Technique Distinguish Fingers for Interactive Surfaces  [in Japanese]

Search this Article

Abstract

タッチインタフェース向けのインタラクション手法のコンセプトとして,Finger-Specific Interaction(以下,FSI) を提案する.FSI はタッチする指を識別し,指の違いを入力として利用するインタラクション手法である.たとえば,既存のタッチインタフェースでは人差し指でのタッチと中指でのタッチはどちらも同じ一点のタッチとして扱われるが,FSI ではそれらを別の入力として扱う.FSI を実現することで,タッチインタフェースで入力として利用できる情報量が格段に増加し,さらに eyes-free インタラクションが可能になるという利点がある.本論文では FSI のコンセプトを紹介し,その有効性および抱える問題点について議論を行う.さらに,プロトタイプシステムとして開発した画像処理ベースのシステムと,実際の利用場面を想定したアプリケーション例を紹介する.We propose Finger-Specific Interaction (FSI) as a concept of interaction technique for interactive surfaces. FSI enables a system to identify fingers and deal with the difference of fingers. It means each finger has a separate meaning in FSI. For instance, while current interactive surfaces consider single touch by using the index finger and single touch by using the middle finger as the same operation, our approach considers them as completely different operations. By realizing FSI, the amount of input information increases. In addition, eye-free interaction becomes available. In this paper, we discuss a concept, effectiveness and issues of FSI, and describe a vision-based prototype and applications assumed practical scenarios of interactive surfaces.

Journal

  • 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2011-HCI-144(4), 1-6, 2011-07-21

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008583655
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1221543X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top