ベイジアンネットワークを用いた参照表現モデルの提案 On a Bayesian Network-based Model for Referring Expressions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

対話システムのための,ベイジアンネットワークを用いた参照表現のモデルを提案する.提案モデルは,記述,照応,直示を統一的に扱い,参照表現の理解と生成に用いることができる.本稿では,提案モデルの概要とその利用方法を説明し,様々な参照表現をどのようにベイジアンネットワークとして表現するのかを示す.そして音声対話システムへの統合に向けた議論を行い,関連研究について述べる.A Bayesian network-based model available both for resolution and generation of referring expressions in dialogue systems is presented. The model handles descriptions, anaphoras, and deixes in a unified way. This paper describes the overview and use of the model, and shows in what manner various expressions are handled as Bayesian networks. Finally integration of the model to spoken dialogues systems and related work are discussed.

収録刊行物

  • 研究報告自然言語処理(NL)

    研究報告自然言語処理(NL) 2011-NL-202(4), 1-11, 2011-07-08

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008583972
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10115061
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ