ドメイン外発話が扱え拡張性が高い対話ドメイン選択フレームワーク An Extensible Domain Selection Framework That can Deal with Out-of-Domain Utterances

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

分散型アーキテクチャに基づくマルチドメイン対話システムにおいて,ドメイン選択は非常に重要である.誤ったドメイン選択は対話の進行を著しく阻害するからである.これまでに提案された高精度なドメイン選択法は,特定のタイプのドメインエキスパートでのみ扱える特徴量を使用していた.そこで我々は,2段階ドメイン選択フレームワークを提案した.この方法では,アクティベートされているエキスパートが,入力発話に対し,継続してその発話を扱うか否かを決定する.このプロセスでは,他のエキスパートがアクティベートされる確率値を考慮する.本稿では,このフレームワークをどのドメインにも属さない発話を扱えるように拡張し,実験結果によりその有効性を示す.Domain selection in multi-domain spoken dialogue systems, which employ distributed domain experts, is a crucial problem because an erroneous domain selection disrupts a dialogue. Previously proposed accurate domain selection methods use information available only with specific types of domain experts. We have proposed a two-stage domain selection framework. It decides whether the activated expert should continue to be activated to deal with the input utterance or not. In this process, the probability that another expert is newly activated is used. This paper presents an extension to this framework for dealing with utterances that are not in any domains. It also shows experimental results that show its viability.

収録刊行物

  • 研究報告音声言語情報処理(SLP)

    研究報告音声言語情報処理(SLP) 2011-SLP-86(12), 1-8, 2011-05-09

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008584123
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10442647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ