実環境における災害体験ゲームシステムの研究  [in Japanese] Disaster Experience Game in Real World  [in Japanese]

Search this Article

Abstract

本稿では,実環境上で実際に様々な場所を訪れながら,その場所で起こり得る災害時の状況を体験できる災害体験ゲームシステムを提案する.様々な場所に移動しながら体験することで,より明確に実際に災害が起きた時の状況をイメージすることができ,災害リスクを見極める支援が行えると考える.屋外で移動しながらゲームを行えるようにするために,本システムでは GPS や加速度センサを搭載したスマートフォンを利用する.GPS を利用して参加者の位置を,加速度センサを利用して参加者の簡卖な動きを検出し,体験に利用する.システムを構築した後に,本システムが災害リスクを認知する支援に有効であるかを,評価実験を行うことで示す.In this paper, we propose a disaster experience game system, with which users can experience a great variety of disaster events in the real world. The system is built on android platform, with GPS and acceleration sensors equipped. The system generates possible events in certain locations when the user is walking in his neighborhood, which will actually happen when the disasters, such as earthquake and tsunami happened. The user is asked to take proper actions to clear the game. The system helps users to have a clear image of the disaster, and instructs them taking precaution before the disaster, and evacuating in a proper way when the disaster is actually happened.

Journal

  • 研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC)

    研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC) 2011-EC-20(20), 1-6, 2011-05-06

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008584203
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12049625
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top