社会の文化 : 世界社会の時代における文化の概念のために Culture of Society : The Concept of Culture in the Age of the World Society

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,ニクラス・ルーマンによって構想された自己準拠的な社会システムの理論の観点にもとづき,文化と社会の関係を定式化する.従来の社会学理論,たとえばタルコット・パーソンズやアルフレート・シュッツは,社会的なものの成立基盤として人々のあいだの共有文化を想定していた.この発想によるならば,社会とは文化の産物であり,この意味で「文化の社会」である.これに対して自己準拠的な社会システムの理論は,社会的なものを可能にするそうした共通基盤を前提しない.文化は,社会システムを外部からサイバネティックス的にコントロールする永続的な客体などではない.社会システムはまず人々の相互不透明性,つまり二重の偶然性のうえに創発し,それから自身の作動に関する記憶を想起し忘却することで,自らの方向性をコントロールしはじめる.この記憶こそが文化と呼ばれるものであり,それはシステムの作動から自己準拠的に帰結する.よって文化とは,社会システムの作動の副産物という意味で,「社会システムの文化」である.これは,地理的単位としては表象されない脱国家化した世界社会というシステムにも当てはまる.「社会の文化」としての世界文化は,世界社会の固有値としての偶然性である.こう考えることで,社会的なものを文化に先行させて,今日の世界のなかで文化が分化していく現状とそれに付随する諸問題を適切に記述し分析しうる理論枠組が整えられる.

This paper aims to formulate the relation between culture and society from the viewpoint of Niklas Luhmann's theory of self-referential social systems. Traditional sociological theories, for example, those proposed by Talcott Parsons and Alfred Schutz, considered the social to be realized on the basis of a common culture among people. According to this idea, the society must be defined as a "society of culture" because it is a product of culture. On the contrary, the theory of self-referential social systems does not presuppose such a common basis for the social. Culture is not an eternal entity that cybernetically controls the social system from the outside. A social system emerges on the basis of mutual intransparency, that is, double contingency among people, and subsequently begins to control itself by remembering and forgetting the memory of its own operations. This memory is called culture and results from self-referential system operations. Therefore, as a product of the social system, culture can be described as the "culture of the social system." This formulation is also applicable to the destatized world society, which is not represented as a geographical unit. The world culture, or the culture of society, means nothing other than contingency. As the eigenvalue of the world society system, contingency results from the system operations and gives the orientation of further system differentiation to the world society. Consequently, by placing the social prior to the cultural, a theoretical framework can be established for describing and analyzing the current world situation, where cultures are differentiating with many associated issues.

収録刊行物

  • 社会学評論

    社会学評論 62(1), 36-50, 2011-06-30

    日本社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008585177
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00109823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    00215414
  • NDL 記事登録ID
    11174905
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z6-265
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ