昭和基地マイクロパルスライダーによって観測された非地形性慣性重力波起源の南極極成層圏雲 (極域大気・物質循環研究) Antarctic polar stratospheric clouds under temperature perturbation by nonorographic inertia gravity waves observed by micropulse lidar at Syowa Station

この論文をさがす

著者

    • 柴田 隆 Shibata Takashi
    • 名古屋大学大学院環境学研究科 Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University, F3-3 (250), Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya 464-8601.
    • 佐藤 薫 Sato Kaoru
    • 東京大学大学院理学系研究科 Department of Earth and Planetary Science, Graduate School of Science, The University of Tokyo, 7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0033.
    • 小林 拓 [他] Kobayashi Hiroshi
    • 山梨大学大学院医学工学総合研究部 Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering, University of Yamanashi, 3-11, Takeda 4-chome, Kofu 400-8511.
    • 矢吹 正教 Yabuki Masanori
    • 情報・システム研究機構国立極地研究所 National Institute of Polar Research, Research Organization of Information and Systems, Midori-cho 10-3, Tachikawa, Tokyo 190-8518.
    • 塩原 匡貴 Shiobara Masataka
    • 情報・システム研究機構国立極地研究所 National Institute of Polar Research, Research Organization of Information and Systems, Midori-cho 10-3, Tachikawa, Tokyo 190-8518.

抄録

昭和基地に設置されたマイクロパルスライダー(MPL)により下部成層圏高度領域において極成層圏雲(PSC)が観測された.ラジオゾンデで観測されたPSCの出現高度における気温は氷の露点温度より約4度低く,提唱されている氷粒子生成温度とほぼ一致している.また,PSCの散乱強度は十分大きく,このPSCは氷粒子からなるType IIと分類された.観測されたPSCは温度の高度分布に対応し,温度極小高度を中心にして縞状に存在している.出現高度は時間とともに1日あたり〜 2 km降下している.温度極小は約4 kmの幅で4箇所存在し,それぞれの温度極小高度にPSCが現れている.ラジオゾンデで観測された風向風速の高度分布の解析から,この温度極小が非地形性の慣性重力波によることが示された.この種の重力波がPSCの生成に重要な役割を果たしている可能性が示唆された.PSCの出現に必要な気温低下が地形に制限されないため,非地形性慣性重力波が南北両極上空のPSC粒子生成に広く寄与している可能性が示唆された.

Type II Polar Stratospheric Clouds (PSCs) were observed by micropulse lidar (MPL) at Syowa Station in the Antarctic on 30 June and on 1 July 2001. The vertical profiles of the PSCs had a wavy structure that was synchronized with the temperature fluctuations. A wave analysis using radiosonde data shows that the wavy fluctuations were associated with an inertia gravity wave that was not forced by ground topography, but probably by spontaneous adjustment in association with synoptic-scale wave-breaking processes in the upper troposphere. It is suggested that the observed PSCs were generated under the low-temperature conditions induced by these waves and that such gravity waves generated by spontaneous adjustment of large-scale fields can be more important to the formation of PSC particles, in both the Antarctic and Arctic stratospheres, than topographically forced gravity waves, because the former are not fixed to the ground topography.

収録刊行物

  • 南極資料

    南極資料 54(-), 779-792, 2010-12

    国立極地研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008591702
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00181831
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    00857289
  • NDL 記事登録ID
    11188251
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-316
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ