開発途上国への教育援助 : インドネシアの体験から(50 周年記念特集 : 化学と教育 : 古きをたずねて新しきを知る II)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

我が国のODAの実績を略説した後, インドネシアの教育事情を紹介した。教育援助の実例をインドネシアにとり, 先年発足したインドネシアの理数教育改善プロジェクトをその発想から現状までを解説した。また, 将来の化学教育のあり方を模索し, ある種の提言をした。

Journal

  • CHEMISTRY & EDUCATION

    CHEMISTRY & EDUCATION 50(2), 151-156, 2002

    The Chemical Society of Japan

References:  5

  • インドネシアの理科教育

    丹伊田敏

    東京学芸大学付属高等学校研究紀要 31, 1998

    Cited by (1)

  • <no title>

    丹伊田敏

    日本科学教育学会年会論文集 331, 1986

    Cited by (1)

  • <no title>

    下条隆嗣

    国際教育協力論集 2, 99, 1999

    Cited by (1)

  • <no title>

    JOHN T.

    FACS News Letter 1, 5, 1998

    Cited by (1)

  • <no title>

    JOHN T.

    化学ソフトウェア学会ホームページ 「化学の学校」, 1998

    Cited by (1)

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008592585
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10033386
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0386-2151
  • NDL Article ID
    6080340
  • NDL Source Classification
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL Call No.
    Z17-60
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top