骨髄穿刺検査と腰椎穿刺検査を受ける子どもと養育者へのプレパレーションの実践  [in Japanese] Nursing practice of the preparation for parents and children who take a bone marrow and lumber puncture inspection  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究の目的は、骨髄穿刺検査と腰椎穿刺検査を受ける患児と養育者へのプレパレーションを実施し、その効果を検討することである。対象者は3歳以上の患児(3歳〜14歳)12人とその養育者12人、病棟の看護師23人であった。プレパレーションの録音の逐語録と看護師が記入した患児別の個人記録用紙、チェックリスト、プレパレーション後の患児と養育者への面接調査の逐語録をデータとして事例毎に分析を行った。その結果、プレパレーションを受けた患児と養育者は主体的に検査に臨み、必要以上の緊張や不安を軽減できる効果が示された。また、プレパレーションは患児だけでなく、養育者への効果、(1)ディストラクションの向上、(2)養育者の不安の軽減、(3)養育者のニードを満たす、(4)患児の検査に対する価値観の向上が認められた。

Journal

  • Journal of Japanese Society of Child Health Nursing

    Journal of Japanese Society of Child Health Nursing 20(1), 86-92, 2011

    Japanese Society of Child Health Nursing

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008593377
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11583347
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    1344-9923
  • NDL Article ID
    11059877
  • NDL Source Classification
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学) // ZS32(科学技術--医学--小児科学・先天異常・奇形)
  • NDL Call No.
    Z19-B293
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top