教材利用管理機能を有する教材配信システムの開発  [in Japanese] Development of Contents Distribution System with Management Function of Learning Contents Utilization  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

大学間での教材共有の試みとして,共通的に利用可能と思われる教材を整備し,全国の大学・学部に配信することを目的としたUPO-NETプロジェクトを実施している.UPO-NETの教材配信では,教材の利用に対して大学から利用料の徴収を行い,教材や配信サービスの質を確保することを目指している.教材配信に際して,(1)大学ごとの利用可能教材の制限及び利用学生数の管理からなる教材利用の管理,(2)全国の大学に配信するための大規模な利用への対応,(3)学習履歴の個別管理,(4)コースカスタマイズの実現という四つの課題がある.本論文では,これらの課題を同時に解決するため,教材を配信元サーバで管理しつつ,学習管理は各大学が運用するLMSで行う教材配信システムを開発した.Moodleをベースとして実装を行い,23の大学等を対象とした実際の配信に用いた.

UPO-NET project is an attempt to delivery of sharable digital learning content for Japanese higher educational institutions. This project has a plan to get usage fee from institutions. Therefore the system has an issue with contents utilization management. In addition, there are issues posed by contents distribution to many institutions. This paper describes the system for resolving these issues.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 34(4), 353-364, 2011

    Japan Society for Educational Technology

References:  15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008593390
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    11068884
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top